メニューをスキップして本文へ


川東小学校『はげだんご』

  • 2013年7月 9日(火) 10:00 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    663

日 時:7月2日(火)10時~11時30分まで  

川東小学校5年生に「川東生活研究グループ」の人達が、さぬきの伝統を伝えました。

一緒に作って、皆で美味しく食べたよ

かがわ(さぬきの味)   

由来:「半夏までには田植えを終えないと半夏半作になる」と言われ、皆遅れまいと精を出します。半夏のはげ上がりと言って降り続いた雨も、この日には晴れると言われており、新小麦粉で作ったはげ団子をこの日に食べます。新小麦粉で作られたものが光沢、香りもあり、おいしい。

浮かび上がった団子を竹ざるに取り、まんべんなくあんをまぶします。どうがんばってもあんは、つるりとすべり、まだらになるのがはげ団子の名の由来と言われています。出来上がったはげ団子は神仏に供え、家族皆でいただきます。  

  

     

 

 

    (作り方)

 

     

 

 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.kwgi.net/trackback.php?id=20130709100028257
表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。